iPhone

iPhoneでワンランク上のプロ並み動画を撮る方法

iPhoneのカメラって随分性能が上がっていて写真なんてすごく綺麗に撮れるようになってますよね。「写真はほとんどiPhoneでしか撮らない」という人も多いと思うんですが、動画はどうでしょうか。

今回はiPhoneでどんどん動画を撮りたくなる「スタビライザー」についてご紹介します。

 

スタビライザーとは

iPhoneの動画がいまいちな最大の原因は「手ぶれ」です。これを大幅に減少させてくれるのが「スタビライザー」です。

スタビライザーを使うと走って撮影しているにも関わらず、揺れがほとんどなく、ドローンで撮影したかのような浮遊感が感じられます。手ぶれが無いだけでこれだけプロっぽい動画になるのです。

 

電子スタビライザーがおすすめ

電子スタビライザーのいいところ

  • 設定が簡単で初心者にやさしい。(スマホを挟んで電源いれるだけ)
  • 上下左右になめらかに移動する映像を撮れる。(パンやティルトが簡単)
  • ローアングルで走るとか、子供を追いかけて回り込むとか超きれいに撮れる。

電子スタビライザーを思わず使いたくなる動画です。私はこの動画が購入の決め手になりました。

電子スタビライザーのいまいちなところ

  • 高い。見た目は自撮り棒な癖に結構高いです。

  • 電池が切れると何にもできないただの棒。

  • 街ナカで持っているとちょっと目立つ。

おすすめの(私が購入した)電子スタビライザー

私は、迷いに迷った末Z1-Smooth-Cを購入しました

中国製なので購入するのをだいぶ躊躇したのですが、届いてみるととてもしっかりした造りで、期待通りの滑らかな動画が撮れています。

デコボコな道をガタガタ車で移動しているのですが、全く感じさせないですよね。右から左にカメラの向きが滑らかに移っているのも、電子スタビライザーならではです。

Z1-Smooth-Cのいいところ

  • 充電池のため交換用電池を購入すれば長時間の撮影も可能。
  • iPhoneを挟むだけなので今後の機種変更でサイズが変わっても大丈夫。
  • 標準のカメラアプリや色んなカメラアプリを使うことができる。

惜しいところ

  • 可動域が320°ぐらいしかない。(ぐるっと一周を撮ることが出来ない)
  • 操作はiPhone本体をいちいちタッチしないといけない。(手元のボタンでシャッター切れない)

Z1-Smooth-Cの後継機であるZHIYUN Smooth Ⅱは上記の惜しいところを解消していますが、価格が1万円近く高いです。

上記の点に1万円の価値はないと判断して私はZ1-Smooth-Cにしました。

ちょっと高いなという方には、アプリもおすすめ

Steady Camera

iPhoneで手軽にスタビライザー効果を体験できるアプリがこのSteady Cameraです。

Steady Camera - ブレ補整&スローモーション動画 (Version 1.5) App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥240
デベロッパ名: Stupeflix
リリース日: 2014/07/04
 
 
こんな感じでiPhone標準カメラで撮るよりは画質は悪くなりますが、かなり滑らかな動画がとれます。撮った動画はiPhone本体のカメラロールに保存することもできます。

ただ、たまに撮影した動画がエラーで消えてしまったりということも有るので、絶対に失敗できない場面ではちょっと怖いのですが、日常のちょっとした場面とかなら全然いけます。実際に私は電子スタビライザーを忘れて出たときは必ずこのアプリで撮影しています。撮ろうと思ってから実際に撮るまでの機動力はこのアプリの方が早いですからね。

Emulsio

無料アプリでもスタビライザーを体験できるアプリがあります。

Steady Cameraと違いコチラは撮影済みの動画の手ブレ補正を行うことができます。個人的な感想としてはあまり画質も良くないのでもう使っていませんが、スタビライザーの体験としては良いのではないでしょうか。

Emulsio - パワフルなビデオスタビライゼーション (Version 2.5.7) App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: 無料
デベロッパ名: Creaceed SPRL
リリース日: 2011/01/11
 

 

 

 

 

 

まとめ

私は電子スタビライザーを買ってから4,5万以上したSonyの光学手ブレ補正のあるビデオカメラを全く使わなくなりました。レンズの明るさや2時間撮影しっぱなしとかいう使い方をする分にはかなわないんでしょうけど、友人との旅行やこどもの成長記録などであれば断然iPhone+電子スタビライザーです。滑らかなプロっぽい動画が撮れるだけじゃなくて、撮った動画をすぐシェアできる、簡単に編集できるというのはiPhoneで動画を撮る強みです。

アプリを使ってみて少しでも興味が湧いたら、是非電子スタビライザーも検討してみて下さい。アプリとは別次元のクオリティで動画が撮れるようになりますよ!

次回は動画を取るときのコツやおすすめ編集アプリをご紹介したいと思います。

-iPhone
-, ,

© 2020 いですけぶろぐ