SoundCore Sport XLを購入!音質は?!

Anker SoundCore Sport XLをAmazonで購入しました。こういうスピーカーとかイヤホンとかって実際に届いて聞いてみるまでどんな音か分からないのがリスクですよね。すごく期待し過ぎてもガッカリするし、期待せずに買うにはちょっと高いし、という感じ。

結果的に今回はとても満足行く買い物でしたので、SoundCore Sport XLを購入するに至ったポイントや、購入してみて実際どんな音だったのか出来る限りお伝えしたいと思います。

なぜSoundCore Sport XLを購入したのか

  1. デザインはシンプルでカッコイイのが良い。
  2. お風呂で気軽にちょっといい音で聴きたい。
  3. iPhoneでは出せない大音量で聴きたい。

※ただし、手頃な値段で。

という今回の選定基準に合致したのがAnker社のSoundCore Sport XLだったわけです。詳しく説明していきますね。

デザインがシンプルでカッコイイ!

SoundCore Sport XL_01

高級感がある箱に入っています。ピッタリとしまっていて、中身の重さでゆっくりと開く感じです。造りの良さを感じます。

 

SoundCore Sport XL_02

こんな感じ。充電用のmicroUSBケーブルとスピーカーに着けるストラップも入っています。

IMG_4813

スピーカー部分は金属の網状でがっしり。網の下はメッシュ地になっていて砂埃等も防げそうです。Ankerのロゴが控えめなのも良いですね。

 

SoundCore Sport XL_03

左から電源(長押しで起動します。)、音量小、再生(一時停止も)、音量大、Bluetooth接続(長押し)のボタンが付いています。iPhoneから操作する場合は、iPhoneの音量と同期されるので電源とBluetoothの操作しか使いません。

 

SoundCore Sport XL_04

底はこんな感じ。底鋲もついていますね。金字の表記がカッコイイです。

私がモバイルバッテリーや、先日ご紹介した自動車のジャンプスターターなど、Anker社の製品を好きでよく使っていると言うのはあるとは思いますが、シンプルな形と色でとても高級感があり好きです。

お風呂で聴ける!

Anker社の商品ページにも記載がありますが、SoundCore Sport XLはIP67の防水防塵対応をしています。防水防塵性能については下記の記事をご参照ください。

「IPとは、国際電気標準会議(IEC)の定める保護等級。IPの後が人体と固形物に対する等級を、その後ろが水の侵入に対する等級を表します。すなわち、IP67とは、6等級の防塵性能と、7等級の防水性能を持つという意味です。」

iPhone 7の防水/防塵性能「IP67」はどのくらい強力なのか?

お風呂のお湯の中に沈めても大丈夫かどうかは保証はしていませんので自己責任ですが、私の場合は浴室内に持ち込んで多少水が跳ねたり濡れた手で触ってもまったく問題ありませんでした。

SoundCore Sport XL_05

 

 

充電端子などはきっちりパッキンで閉じられ水の侵入を防いでいます。

 

ちょっと良い音で聴ける!

もっと高くて良いスピーカーと比べてしまうと、明瞭感などの面でどうしてもかないませんが、SoundCore Sport XLも思ったよりも良い音だと感じました。特に大きいのがデュアルパッシブサブウーファーの存在ですね。iPhone7のスピーカーとは比べ物にならない低音の豊かさがあります。

標準信号発生器というアプリでホワイトノイズ(あらゆる音の高さで同じ音量の音)を発生させ、iPhone7のスピーカーから出した場合と、SoundCore Sport XLにBluetooth経由で再生させた場合を、FFT Plotというアプリで計測してみました。

SoundCore Sport XL_07iPhone7

FullSizeRender 2低音と高音部分が弱いことがよく分かります。

SoundCore Sport XL

SoundeCore Sport XL_08低音や高音がしっかり出ています。iPhone側の音量はまったく変えていないにも関わらず音量も大きくなっていますね。

こちらの動画も音質の参考になるので、是非御覧ください。

 

iPhoneでは出せない大音量で聴ける!

私はトランペットを吹きますので、練習の際にデモ音源やiReal Proの自動伴奏を流しながら練習する際に、トランペットに負けない音量で再生が可能であることも大事な条件でした。お風呂でも聴きたいですけど、練習でも使いたかったのです。

その点、SoundCore Sport XLは8Wのスピーカーを2つ搭載しています。合計16Wです。ちなみに同じAnker社のSoundCoreは3W×2。SoundCoreSportは3W。W数は音量に直結するようなのでSoundCore Sport XLは比較的優秀のようです。

実際、マンションの自宅では昼間でも最大音量で音楽を流すのは憚れる音量でしたし、トランペットも気持ちよく吹けてとても満足でした。仕事で200人程度入るセミナー会場でBGMの再生にも使いましたが、十分に実用に耐えられましたよ。アウトドアでのBGMにも今後活用していきたいです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。購入検討の際の一助になれば幸いです。SoundCore Sport XLには他にも15時間連続再生できるバッテリーやモバイルバッテリーとしても使える機能などもついています。

ものすごく音質が良いかと言われるとNOですが、防水防塵、5,000円前後の価格を踏まえると最高の買い物だと思います。毎日のお風呂が贅沢な時間になりますよ。是非お試しください。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*