iPad ガジェット

狭いセミナー会場でも膝の上で快適入力!iPad Pro用キーボードLogicool CREATE

仕事柄セミナーなどへの参加が増え、必然的にその報告書を書かざるを得なくなり、既に持っていたiPad Proでなんとか効率的にメモを取れないかとキーボードを検討していました。

セミナー会場はパイプ椅子一つのみでテーブルもないことも多いですから、膝の上で快適に使えるという目線で選びました。

Apple純正か、Logicoolか

早々に選択肢はApple純正のSmart Keyboardか、LogicoolのCREATEに絞られました。理由は単純でiPad Proに搭載されているSmart Connectorに対応しているのが、この2つだけだったから。

LogicoolのKeys To GoというBluetoothキーボードも実は持っていたんですが、使いたい肝心なときに充電が切れていたり、Bluetoothの接続が不安定だったりでイライラしたので、Bluetoothは選択肢から外しました。狭いセミナー会場で膝の上でタイピングする想定ですので、iPadのスタンドも兼ねることも条件に入れています。

結論、Logicoolにしました。

銀座Apple Store、近所のビックカメラでそれぞれの打鍵感や手触りを確認したうえで、私はLogicoolにしました。使い始めて2週間ですが、とても満足しています。

以下にLogicoolのいいところをまとめます。

キーが大きく打ちやすい。バックライト機能も有り。

Apple純正のSmart Keyboardはキー自体が小さく、正確に押さないと打ち間違えてしまいそうな感覚。CREATEはキーが大きく多少ずれてても受け入れてくれるような感じ。ここは感覚的なところですけどね。

また、バックライト機能もついているので、セミナー会場がスライドを映すために暗くなっている時とかに便利です。ホームポジションに迷うことが無くて、これが意外と快適なんです。

iOSファンクションキー搭載。

音量の上げ下げやロックボタン、バックライトの調整、言語切替など一通りの機能がついています。Apple純正にはついてないんですよね。

ちなみに、Keys To GoはiOS9から言語切替のショートカットが変わってしまったため、ファンクションキーを押すとスポットライトになってしまってましたが、CREATEはちゃんと地球儀マークで言語切替できます。

iPad全体をカバーできる上、Apple Pencilも収納可能。

Smart Keyboardは液晶部分しか保護してくれませんが、CREATEは全体です。布っぽい手触りも触っていて満足度高いです。カバンにも気軽に放り込めるのでどんどん持ち出せます。

さら上手いことApple Pencilを収納できます。Apple Pencilは長いから筆箱にも入りにくいし困ってたんですけど、CREATEなら絶対なくさないしスッキリまとまっていて、とても良いです。

でも、やっぱり重い...

基本的には大満足なLogicool CREATEですが、やはりいまいちなところもあります。

それは「重い」、そして「思ったより分厚い」というところです。ここは最大のデメリットですね。

まとめ

重くて厚くなることがデメリットですが、個人的にはそれを上回る使い勝手を感じており大満足です。キーボード部分がシッカリしているので、膝の上に乗せて使用しても安定感があります。

そもそもSmart Connectorがとても便利です。充電の心配も接続の手間もなく、ケースを広げすぐにキーボードをカシャッとするとすぐ書き始められる体験がこれほどのものとは思いませんでした。隣の席とのスペースが無いような狭いセミナー会場でもスマートにメモを取れて快適です。

 

-iPad, ガジェット
-,

© 2020 いですけぶろぐ